ホンダシャトル 我が家の荷室ラゲッジスペースの使用方法。車載冷蔵庫も買いました!車中泊。

2021年3月下旬。我が家にホンダシャトルのガソリン車が納車になりました。

ホンダ シャトル G Honda SENSING

今回は、我が家のラゲッジスペースの使用方法について書いていきます!

↓こちらは、HONDAの公式サイトより貼り付けています。

可能性を広げるクラス最大のラゲッジスペース。

ライフスタイルの自由を豊かに広げるために、606L(ハイブリッド570L)のゆとりある荷室を確保しています。後席を倒せば、容量は1,177L(ハイブリッド1,141L)に、床面は奥行き約184cmに拡大。また、荷室にはやわらかいカーペット生地を採用しています。

ラゲッジスペースの劣化や汚れを防ぐために、ラゲッジマットを購入しました。

◇カタログより抜粋

◇価格はこちら

あと、こちらのラゲッジマット、HONDAのお店で注文した時に気になって聞いたのですが、明確な回答ではなかったため、納車後「こうなってるんだー!」とわかったので、ここに記載しておきます。

【ラゲッジマットの使用方法】

☆この部分はマジックテープになっていて、はずせます

☆はずしたものを上に乗せた状態です

☆床面のやわらかいカーペット生地です

☆その上に、はずした一枚っぺらを置きます

☆その上に、通常の後部座席の後ろから続くラゲッジマットをかぶせます。

ここに座って地面に足を置いて(子供は足ぶらぶら)休憩する時は、一枚っぺらをこの下から出し、マジックテープで取り付けてマットを下の方(地面の方)に垂らします。

ここからは、最近ラゲッジスペースに置いているものを紹介します。だいぶ色々アイテムが増えましたが…色味が全体的に抑えめだからかガチャガチャして狭い感じや汚らしい感じはしません。ちゃんと、後ろの休憩スペースもとれています。余計なものを増やさないように気をつけていきたいです。

【ラゲッジスペースの様子】

編集したのですが…小さくてすみません。。実際の写真を撮りたかったのですが、写真に後部座席のカバーがうつりこんでしまっていたので諦めました。

☆右から、右のくぼみ部分に、電源ポータブル。取っ手が本体に収納できて上部分がフラットなところと無駄のないおしゃれなデザインに店舗で一目惚れ!角張ったところがなくて安心だしコロンとしていて可愛らしい。

☆真ん中には、最近購入した車載冷蔵庫!悩みに悩んで、30Lサイズでカゴの仕切りのないこちらを買いました。シンプルなデザインも気に入っています。

◯左のくぼみ付近に、右から順番に、車中泊の時に使うマット,カーテン,掛け布団を置いています。シーツ(ニトリで購入オーガニックコットンの肌触りが気持ちいいシーツ)は洗濯しているため写真にはうつっていません。

☆車中泊用に、セミダブル5センチタイプを買いました

5センチタイプでも私は腰など痛くはなりませんが、8センチタイプでも大丈夫だったなと思いました^_^(狭いところが苦手なので、心配して5センチタイプを買いました)

カーテンについては、試行錯誤したところ…使いずらい,改善の余地あり…と不要になってしまった商品もあります。。残念。

こちらは、フロントガラスと、サイドガラス(運転席と助手席)を覆うことができます!

後ろ用にも買いましたが、下部分がヒラヒラして息子が嫌がるため使うのをやめようと思っています。後ろ用は今後作成予定なので、また出来上がったら記事を書く予定です。

↓こちらに記事にしました!

いつも読んでくださりありがとうございます! 今回は、車中泊のカーテンについて書いていきます。 我が家の車は、ホン...

☆こちらは、Lサイズです。後部座席の左右に一枚ずつ使っています。※2枚入りです。

今、夫がAmazonで部品を買って運転座席付近を色々やっているようです。また何か載せられそうなことがあれば記事にしようと思っています。

ポケモン,スマホロトム,子供のこと,日常,息子の1型糖尿病,アトピー,−2SD,子供の筆圧が弱いこと などについて投稿しています。お時間ある時にまたお立ち寄りいただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする