ホンダシャトル 荷室で家族4人で車中泊!車中泊で使用した商品のご紹介もあります

2021年3月下旬。我が家にホンダシャトルのガソリン車が納車になりました。

ホンダ シャトル G Honda SENSING

今回は、ラゲッジスペースについて書いていきます。納車日に、サイズ測りました!

↓こちらは、HONDAの公式サイトより貼り付けています。

可能性を広げるクラス最大のラゲッジスペース。

ライフスタイルの自由を豊かに広げるために、606L(ハイブリッド570L)のゆとりある荷室を確保しています。後席を倒せば、容量は1,177L(ハイブリッド1,141L)に、床面は奥行き約184cmに拡大。また、荷室にはやわらかいカーペット生地を採用しています。

ラゲッジスペースの劣化や汚れを防ぐために、ラゲッジマットを購入しました。

◇カタログより抜粋

◇価格はこちら

今後、こちらのスペースに、車内泊を予定しています。はじめは、夫が助手席をギリギリまでさげて段差を解消するマットを購入して使い、あとの3人がラゲッジスペースで寝るという話だったのですが…、急に夫が「後ろでも寝るかも」って言い出して…。

でもでも、いくらブログやYouTubeを検索しても、ホンダシャトルで家族4人で車中泊をしている人はいないのです。2人以上だと、夫婦+子供1人,夫婦+大型犬の組み合わせ。

実際、本当に夫婦+子供2人の合計4人がこのスペースで寝ることができるのか!?

【実証】

こういった寝方が可能でした!

◇前席は、一番前までスライド

◇前席の後ろに、大人2人と子供1人。その後ろに子供1人。

※一番後ろのスペースに横になった時の写真は、こちらです。

〈頭部分〉余裕あります

〈足部分〉つま先伸ばしても大丈夫

実際、車中泊をする夜に、急に長男が一番後ろに寝るのは嫌だと言い出し、次男が後ろで寝ることになりました。

4人で寝るには、決してスペースに余裕があるわけではありません。長い年月ではないけれど(子供の成長の関係があるため)、ホンダシャトルでも、4人家族で車中泊が可能ですよ!という例です。せっかくのラゲッジスペースのフラット!楽しめたら良いですよね。

また、参考までに…私たち夫婦は身長160センチ台,子供2人は110センチ台です。あと、2年は車内泊を楽しめるかなぁと思っています。

補足。夫は助手席側に頭にして寝ていました。隣で寝た長男と私は、頭を逆にして寝ました。後ろに寝た次男は、頭を私の頭と近い場所に。次男は膝を曲げて寝たり,正座して頭を下にして寝たりしているので、夫は脚を伸ばして寝ることができ、きつさを感じることはなかったとのことです。

とにかく、運転手の健康状態が一番大事!睡眠大事!安全運転!!

〈寝方〉わかりずらくてすみません

◯夫頭  ◯長男足  ◯私足

◯夫足  ◯長男頭  ◯私頭

◯次男足  ◯次男頭

前席は一番前までスライドさせ、寝るスペースの長さを出しました。そうすると、前席と倒した後部座席の間に隙間ができますおおよそ26センチ。寝るマットが、クタッとなるのでは?と思い何かオットマンのようなものを買おうと思っていましたが、マットのハリのおかげで特に寝心地に違和感はありませんでした。

※補足※  下記でご紹介したマットですが、注文した時は、横幅は少しきついぐらいかなって思っていましたが…両側の扉近くにくぼみがあり少しスペースが空きます。ホコリや汚れをきれいにして、フリースや荷物の高さを合わせて置いて良い感じにすると、寝るスペースがもう少し広くなりました。

ここからは、車中泊のために購入した商品を紹介させていただきます。※カーテンについては、追加購入や設置方法を再検討中です。

☆我が家の車中泊グッズ☆

マットは、こちらのセミダブル厚さ5センチ。8センチと悩みましたが、私ちょっと閉所恐怖症ぎみのため、念のため車内頭上の空間を取りたいため、5センチに。十分な厚さと寝心地でした。朝、背中,腰、大丈夫でした。

電源ポータブル(カーキ色)。夫が絶対必要!と言って購入。私は店舗でこのメーカーの商品に一目惚れしました。今は携帯充電に活用。今後の使い道は色々楽しみながら考えていきます。

LEDライト。コンパクトで、明るさ,色も調整できて気に入りました。

カーテン。設置方法再検討必要!生地やマグネットは問題無し。こちらを2セット購入しました。フロント用は別途購入。現在貼り付けられないため、後日リンク先を貼り付けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする